MENU

ハローワーク講座で後悔しないために

ハローワーク 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級・介護初任者研修)
ハローワークを通じて無料でヘルパー資格を取得できる講座は介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)を目指す人にとってとてもありがたい制度です。ただ、「介護資格が無料で取れるなら」と安易な考えで参加してしまい、後悔する方も少なくありません

 

ここではハローワークの無料講座とは、職業訓練校とはどんなものなのか?どんなデメリットがあるのかを紹介します。

無料で受講できる条件とは

まず基本的に求職中であることが条件です。
全国各地のハローワーク(職安・公共職業安定所)では求職者を対象に介護職員初任者研修の無料講座が定期的に開催されています。

 

ハローワークの介護講座には「求職者支援訓練」「公共職業訓練」の2種類があり、どちらも介護職員初任者研修の講座を無料で受けることができます。

講習料無料で・す・が・・・

熾烈な定員争い、実費1万円~3万円の出費も

ハローワークを通じて職業訓練校で受講する「求職者支援訓練」「公共職業訓練」はどちらも講座自体は無料です。ただし、実際にはテキストなど、実費となるものがあるので誤解がないように注意してください。管轄のハローワークによっては胸部レントゲン検査(有料)が必須となっていることもあるようです。

 

費用(テキスト代等)がいくら掛かるのかは地域によって違いがあり、介護職員初任者研修の場合、おおよそ1万円~3万円程度のお金がかかります。

 

民間スクールの場合、格安のものでおおよそ6万円前後、もし3万円かかったとしてもハローワークの方が民間スクールよりかなり安く受講できます。

 

で・す・が

 

実際には民間のスクールでも予約で一杯になるほどたくさんの方が受講しています。ハローワークで無料講座が受けれることを知っているにもかかわらずです。

 

なぜ多くの人が圧倒的に格安のハローワークで受講しないのでしょうか?

 

彼らはハローワークならではのデメリットを知っているからなんです。

熾烈な定員争い



介護職員初任者研修はヘルパー資格の入門的存在であり、自宅介護のために取得する方も多く、非常に人気の資格です。民間の有料スクールでも予約で一杯になるほどの人気講座です。

 

ハローワークの介護職員初任者研修は、民間のスクールに比べ安く取得できるとあって、応募者が殺到し応募者に対して募集定員が間に合っていない状態が続いています。

 

逆に応募者が少なすぎる地域も問題です。開講が決まった人数に満たないと開講はされないことがあるからです。人口が少ない地方のハローワークというなら定員不足にも注意してください。
※お住まいの地域や時期によっても応募倍率に違いがあります。

選考試験にムダな時間と手間



受講者の選考に採用しているのが面接や筆記試験です。現在、ほとんどのハローワーク講座でこの方式が取られています。選ばれる可能性はその時の応募倍率にっよって変わってきます。

 

選考試験や面接の内容は各地のハローワークによって様々ですが一般的な試験は以下となります。

 

・一般常識問題
 社会問題や時事問題など

 

・学力問題
 読み書きや計算など中学卒業程度の問題

 

・作文
 介護ヘルパーの資格を取りたい理由、資格取得後の就職についてや熱意など

 

倍率が高くても何度もチャレンジすれば受かる可能性は高くなりますが「受かるかどうかわからない試験に何度も足を運ぶのは精神的につらい」という声も少なくありません。時間の無駄になり資格取得が遅れてしまうというデメリットがあります。

好きな時に受講できない



民間のスクールの場合、土日コースや夜間コースといったものがあり「働きながら」や「育児しながら」ヘルパー資格を取得できる環境が整っています。

 

また、介護職員初任者研修の講座を常時開催しているスクールも多く、欠席してしまった場合の「振替え」が受けやすいメリットがあります。

 

ハローワークの介護講座は無職の人が対象ということで、土日や夜間の講座は基本的にありません。今後方針が変わる可能性もありますが無職の人を対象としていることを考えるとあまり期待は出来ないでしょう。

 

また、ハローワークの初任者研修は常時開催されていないことにも注意。常時開催でないため遅刻や欠席してしまった場合「振替えの講座」をすぐに受けることができず資格取得が遅れてしまう事になります。

 

ハローワークで初任者研修を受ける方は研修期間の間、確実に日中の時間が確保できるか事前によく考えておきましょう。

 

 

選考方法や倍率など詳しく知りたい方はお住まいを管轄するハローワークへ問い合わせてみてください。
所員の方が丁寧に教えてくれます。

 

全国ハローワークの所在案内
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

 

ハローワークの職業訓練体験者へインタビュー

実際にハローワークを通じて介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の講座を受講された
加藤さん(仮名)に貴重な体験談をお聞きすることができました。

 

 

それでは加藤さん よろしくお願いします。


 

よろしくお願いします。


 

 

まずは受講された時の年齢やお仕事の状況など教えていただいてもよろしいでしょうか?


 

 

はい、受講したのは23歳の時でその時は無職でした。


 

 

ありがとうございます。
ハローワークの職業訓練は申し込み倍率も高いといいますが加藤さんが受講された時はどうでしたか?


 

 

はい。まず、申し込みの時の担当者の方には大体2倍程度の倍率とお聞きしていました。
ハローワークの職業訓練校は倍率が高くなかなか受からないと聞いていましたが、実際に申し込んでみると受講した生徒数は定員割れしていました。


 

 

ハローワークとしても時期によってばらつきがあり予想が立ちにくいということでしょうか?


 

 

そうですね、詳しくはわかりませんが退職者の多い月、たとえば年度末等は倍率が高いのかもしれませんね。


 

 

倍率の予想はあまりアテにはならないようですね。

 

定員割れしていたとのことですが、人数が少なすぎた場合は開催されないということもあるんですよね?


 

 

わたしの地域のハローワーク講座では定員割れしても中止ということはないようでした。定員割れしていたので授業の質が落ちないか少し心配でしたね。
そういったことの詳細は教えてもらえませんし。


 

 

選考試験、面接はどんな感じでした?


 

 

選考試験というものはなくハローワーク側が準備した書類に必要事項を記入するだけでした。
内容ははっきりとは覚えてませんが、前職で身につけたスキルを今後どのように生かすつもりなのか?
何故介護ヘルパーの資格を取りたいのか?介護資格習得後はどのような施設で勤務したいか?等書いたと思います。
書類選考のみで面接はありませんでした。


 

 

地域のハローワークによっては面接や筆記試験がない場合もあるんですね。


 

 

私の地域のハローワークでは無かったですね。


 

 

初任者研修のテキスト代は実費だったと思いますが費用はどのくらいでしたか?


 

 

8冊ほど購入し1万円弱でした。その後費用はかかっていません。


 

 

1万円弱なら負担が少なくてよかったですね。中には3万円以上の負担になる所もありますので


 

 

えっ3万円も費用がかかる所もあるんですか?それは知りませんでした。


 

 

講義の質、と言った点ではどうでしょうか?授業のわかりやすさなど感想をお願いします。


 

 

洗練された印象はなく、既に習った内容を他の講師が知らずに再度教えることが多々ありました。


 

 

それはちょっと学習のモチベーションも下がっちゃいますよね。


 

 

ですね。


 

 

欠席のフォロー体制はどうでしたか?


 

 

まず最初に一日でも欠席または遅刻をすると資格は取れなくなると説明がありました。


 

 

やはりハローワークの場合はそうなんですね。実際にみなさん、遅刻・欠席なく受講完了できました?


 

 

子どもが熱を出したからと早退する受講生や天候不良で遅刻した人がいましたね。


 

 

お子様の発熱となるとやむを得ないですね。
その方たち(欠席や遅刻された方)は資格が取れなかったのでしょうか?


 

 

資格が取れなかった人もいましたし時間外の補習をしてもらって取得できた人もいました。
私も一度体調不良で実技の授業を早退してしまいましたが、その時の先生がうまく報告してくれたため補習なしで資格を取ることができました。


 

 

その時の講師の方の裁量によっても違ってきそうですね。


 

 

熱心な講師でないと補習をしてくれない可能性はあると思います。


 

 

最終的に初任者研修を取得するまでどのくらいの期間かかりました?


 

 

私が受けたのは介護職員初任者研修と介護事務も一緒に取得できるコースでしたので、介護職員初任者研修の座学と実技にそれぞれ一ヶ月、介護事務の座学と試験に一ヶ月、計三ヶ月かかりました。
ハローワークの規定で三ヶ月の訓練が必須となっているため期間は変更できないらしく、時間をたっぷり使ってのんびりと勉強しました。


 

 

初任者研修のみを取得する場合でも最低3ヶ月はかかるということでしょうか?


 

 

そうです。ハローワークの職業訓練では三ヶ月以下の講座はありませんでした。


 

 

最低でも3ヶ月かかるとなるとすぐにでも働きたい方には悩ましいですね。民間スクールの短期講座なら1ヶ月で取得来ますから


 

 

そうですね、あくまで雇用保険を受給しつつ、のんびりと資格を取得したい人向けの講座だと思います。


 

 

最後に、これから受講を考えている方へハローワーク受講のデメリットと感じた点があれば教えて下さい。


 

 

年齢がばらばらで若い人はほぼいないので、20代だと最初は浮きます。
あと、ハローワークだけでなくどこの講座も同じかもしれませんが、ハローワークの場合は特に変わっている人が多いかもしれません。
みなさん色んな退職理由を持った方々ですからね。


 

 

「変わっている人」について、差し支えがなければ


 

 

集団生活でのマナーを守れない人、例えば授業中の私語が多すぎたりして正直、ストレスが溜まりました。


 

 

クラスの中にそういう人がいるとみんなの迷惑ですよね。

 

加藤さん、今日はいろいろ答えにくい質問にもお答えいただきありがとうございました。


 

 

ありがとうございました。


 

 

 

介護職員初任者研修の格安講座探しなら

PICUP

先輩介護士のリアル体験談

Q&A

介護に関する街の声

改名で間違いワードが続出

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へと改名され「覚えにくい」「難しい」との声が多くなりました。確かに覚えづらい感は否めませんね。
ここへ訪れる方も未だにホームヘルパー2級で検索されている方やその他、間違ったワードで訪れる方が跡を絶たちません。

よく間違われるワード

介護福祉士初任者研修・介護ヘルパー2級・介護ヘルパー初任者研修・介護初任者研修・介護職初任者研修・初任者研修・・・など


実はホームヘルパー2級の時も正式名称は「訪問介護員2級養成研修課程」という少々覚えにくいものでした。呼び名は「ホームヘルパー2級」でも履歴書へ書くときはこの正式名称を記入していたわけです。


介護職員初任者研修になってからはホームヘルパー2級という呼び名そのものが無くなってしまいました。呼び名は「介護職員初任者研修」、履歴書へ書くときは正式名称の介護職員初任者研修課程(修了)と記載します。


間違いワードは情報収集の妨げになる事もあるので正しい「介護職員初任者研修」という名前を覚えておきましょう。


fix_footbn_pc
smp_fix_footbn