MENU

通信・通学・ハローワーク・土日コース・夜間コースどれがベスト?

通信・通学・ハローワーク・土日コース・夜間コースどれがベスト?

 

介護職員初任者研修は、介護で働く人の入り口となる資格です。以前はホームヘルパー二級という名前でしたが、内容がリニューアルされて資格名も変わりました。介護で働きたい!と思うならば、ぜひ資格習得をしたいですよね。では、どこで資格が取れるのか専門学校などへ通う必要があるのか?通信だけで取得できるのか?介護職員初任者研修の取得方法を見ていきましょう。

ハローワークは授業料が無料だけど、無職じゃないとダメ!

介護職員初任者研修は、都道府県が指定する実施機関で受講するのが条件です。その実施機関というのが、代表的なものでハローワークがあります。ハローワークで介護職員初任者研修を受けると、受講料が無料です。それがメリットなんですが、それゆえ応募者が殺到して受講するのに選考があります。ハローワークでは介護の求人がたくさんあるので、ハローワークの職員がイチオシ講座にしている事も応募者殺到の理由でしょうね。

 

さらに、ハローワークは仕事を探している人が利用する施設です。そのため、無職の人で仕事を探しているという人しか講座を受ける事ができません。ただし、次の仕事が見つかるまで短時間のアルバイトをしている人も受講可能です。

 

ハローワークの講座は平日で、時間や受講場所はハローワークが決めます。そして、受講料は無料ですがテキスト代などで1万円以上は実費です。

 

【関連記事】>介護職員初任者研修、ハローワーク講座の隠れたデメリット

学校で学ぶのは高いけど、充実した受講になりそう。

ハローワークで介護職員初任者研修を受けるのが無理ならば、通学で受講するという方法があります。ハローワークと内容は一緒だけど、民間企業がやっているので受講料はかかります。通学で介護職員初任者研修を受けるのはメジャーなやり方で、様々な会社で講座が受けれます。費用は会社によって違いはありますが、大体5万円~12万円ぐらいです。キャンペーンで受講料を安くしたり、キャッシュバックしたりと各会社でお得感を打ち出しています。

 

都道府県から指定されている講座ですし、同じ資格なので授業の内容に大きな違いはありません。しかし、学校によってはオプションで実務を受けれたりなどの特色があります。学校という場なので、生徒同士で仲良く交流できるのも魅力ですね。

通信講座は安くて、小さなお子さんを持つ人にもおすすめ!

スクールに通うのが難しい場合は、通信講座で資格取得する事ができます。ただし、スクールで実習をしなければならない部分も多くあります。スクールでの時間が89.5時間、通信の時間が40.5時間です(講座によって若干の違いあり)。スクールに通わないで資格がもらえるというわけではないことに注意してください。

 

通信で学べる部分は自宅学習した課題をスクールに提出します。自分のペースで学べる事は大きなメリットですよね。小さいお子さんを持つママさんには特に通信講座はおすすめです。スクールに行く時だけ、ご両親や保育所の一時預かりを利用しましょうね。
費用は通学コースと同じく約5万円から12万円程度。通信講座だから安いというメリットは残念ながらありません。

土日講座や夜間コースでも取得が可能です。

介護職員初任者研修は学歴に関係なく、フリーターでも仕事をしている人でも取得が可能です。しかし、こういった人達って平日の昼間は忙しいと思います。そこで、介護職員初任者研修は、土日講座や夜間の講座を開いている会社が多くあります。週1日~という講座もあり、働きながらも資格取得は可能です。多くのスクールが土日や夜間に開講しているので、近くのスクールに資料請求してみるといいですよね。

 

 

介護職員初任者研修は、様々な取得方法が選べる講座です。1ヵ月~3ヵ月くらいで資格取得ができるため、どんな仕事をしていても受講できます。そして合格率も高いので、今一番人気の資格が介護職員初任者研修なんです。学歴も関係なく資格が取れるので、持っておくと便利ですよね。

 

介護職員初任者研修の格安講座探しなら

PICUP

先輩介護士のリアル体験談

Q&A

介護に関する街の声

  • 認知症の両親を兄と介護しています

    年齢:50代 HN:黒猫あか さんの在宅介護体験談両親は始め商売屋をしながら兄夫婦と一緒に住んでいましたが、兄夫婦が商売を継ぎ、両親の家から徒歩3分のあたりで店...

  • 父方の祖母が倒れたのがきっかけでヘルパー資格を取りました

    年齢:30代 HN:花粉症もちのヘルパー さんの体験談私は、父方の祖母が倒れたのが、小学生の時でした。習い事のスイミングから帰って来たら、母方の祖父母が来ていて...

  • 父と母の2人同時介護の過酷さは予想を遥かに超えていた

    年齢:40代 HN:ダブルです さんの体験談両親とは別に暮らしていたのですが母親がよく転ぶようになり何度も病院へ行くようなことが起こり母がいないと何もできない父...

  • 歩けなくなったの義母との介護

    私が、実際に介護に直面したのはもう20年近く前になります。当時、主人の両親とは別居していたのですが、義母が突然「ベッドを買ってほしい」と電話してきて、理由を聞く...

  • 母の結婚と介護 老いた母

    父から話をきいたのですが父が結婚するまえ、おばあさんが寝たきりで大変なのでおばあさんの介護もしてくれないかとのことで母にお嫁にきてくれたのだそうです。母がくるま...

改名で間違いワードが続出

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へと改名され「覚えにくい」「難しい」との声が多くなりました。確かに覚えづらい感は否めませんね。
ここへ訪れる方も未だにホームヘルパー2級で検索されている方やその他、間違ったワードで訪れる方が跡を絶たちません。

よく間違われるワード

介護福祉士初任者研修・介護ヘルパー2級・介護ヘルパー初任者研修・介護初任者研修・介護職初任者研修・初任者研修・・・など


実はホームヘルパー2級の時も正式名称は「訪問介護員2級養成研修課程」という少々覚えにくいものでした。呼び名は「ホームヘルパー2級」でも履歴書へ書くときはこの正式名称を記入していたわけです。


介護職員初任者研修になってからはホームヘルパー2級という呼び名そのものが無くなってしまいました。呼び名は「介護職員初任者研修」、履歴書へ書くときは正式名称の介護職員初任者研修課程(修了)と記載します。


間違いワードは情報収集の妨げになる事もあるので正しい「介護職員初任者研修」という名前を覚えておきましょう。


fix_footbn_pc
smp_fix_footbn