MENU

ターミナル・ケア

ターミナル・ケアとは、終末期を迎え、余命がわずかになった人への看護や医療、介護のことをいいます。ターミナル・ケアでは、積極的な延命措置を行うよりも、身体的・精神的な苦痛を緩和し、軽減することで、人生の質(クオリティ・オブ・ライフ、QOL)の維持や向上に努めます。ターミナル・ケアを行う施設は、終末期の緩和ケア病棟や老人介護施設などですが、訪問医療や訪問介護を使い在宅で看取ることもできます。

体位変換


体位変換(たいいへんかん)とは、寝返りがうまく打てず、自力で体位を変えられない患者のため、介護者が介助して体位を変える行為を指します。寝たきりの患者に定期的に体位変換を行うことで、骨が飛び出している肩や腰、かかと、頭にかかる圧を除くことができ、床ずれ(褥瘡:じょくそう)の予防も期待できます。一般的に、2時間以上同じ姿勢でいないよう注意することが言われます。

第1号・第2号被保険者

第1号・第2号被保険者(だいいちごう・だいにごうひほけんしゃ)とは、介護保険制度における区分です。第1号被保険者は65歳以上、第2号被保険者は40歳以上65歳未満の人です。第1号被保険者と第2号被保険者では、介護保険の給付(サービス)を受ける条件や保険料の算定・納付方法が異なります。第1号被保険者が介護保険サービスを受けるためには、要介護者または要支援者の必要を認定されなければなりません。

体幹機能障害

体幹機能障害(たいかんきのうしょうがい)とは、体感(頸部、胸部、腹部および胸部)の機能障害が原因で、体位の保持などに不具合が生じる障害をいいます。体幹機能障害は1級から6級に分類され、たとえば1級では定義上、腰掛け、正座、横座り、あぐらのそれぞれの状態で座っていられない状態にあるものとされています。

宅老所

宅老所(たくろうしょ)とは、民家などを活用し、ひとりひとりの生活に合わせ柔軟なケアを行う、小規模な事業所を指します。宅老所には法律などで定められた明確な基準はありません。通い(デイサービス)のみの提供を行うところから、宿泊(ショートステイ)や住まい、配食サービスまで行うところもあります。利用者も、高齢者のみに限るだけでなく、障害をもつ人や子どもを受け入れる宅老所もあり、形態はさまざまです。

たん吸引

たん吸引(たんきゅういん、痰吸引)とは、口中や喉、器官にたまった痰やつば、鼻水を機械を使って吸い出す医療行為です。口中や気道に痰がたまることで、息をしやすくし肺炎などの感染症を防止する目的で行われます。たん吸引が許されるのは、看護師などの医療職に限られましたが、現在は介護福祉士や研修を受講した介護職員、要介護者の家族などでもたん吸引を行えるようになりました。

端座位(たんざい)

端座位(たんざい)とは、ベッドの横などに両足をおろした状態をいい、腰掛け座位とも呼ばれます。端座位では自力で座った状態を保つ必要があることから、リハビリテーションや運動のひとつとして行われるほか、車椅子やトイレへ移動する際の段階として活用されます。端座位は、日常の生活動作を考える基本となる姿勢です。

チームケア

チームケアとは、チームを組んで介護サービスを提供することをいい、あるケアを提供するために編成したチームによるケアサービスと、主治医や看護師のような専門職との連携によるケアサービスの2つの捉え方があります。介護保険制度をきっかけに介護職の業務範囲が大きく広がったいま、さまざまな職種による多職種連携だけでなく、家族や近隣住民などとの連携も必要になってきました。

知的障害

知的障害(ちてきしょうがい、ID:Intellectual Disability)とは、知的発達の障害です。知的障害は、知能指数により分類され、知的機能や適応機能にもとづいて判断されます。精神遅滞とも表されます。具体的な定義としては、18歳未満に生じること、全般的な知的機能が同年齢の子どもにくらべ明らかに遅れていること、適応機能に明らかな制限があること、が含まれています。

PICUP

先輩介護士のリアル体験談

Q&A

介護に関する街の声

  • 認知症の両親を兄と介護しています

    年齢:50代 HN:黒猫あか さんの在宅介護体験談両親は始め商売屋をしながら兄夫婦と一緒に住んでいましたが、兄夫婦が商売を継ぎ、両親の家から徒歩3分のあたりで店...

  • 父方の祖母が倒れたのがきっかけでヘルパー資格を取りました

    年齢:30代 HN:花粉症もちのヘルパー さんの体験談私は、父方の祖母が倒れたのが、小学生の時でした。習い事のスイミングから帰って来たら、母方の祖父母が来ていて...

  • 父と母の2人同時介護の過酷さは予想を遥かに超えていた

    年齢:40代 HN:ダブルです さんの体験談両親とは別に暮らしていたのですが母親がよく転ぶようになり何度も病院へ行くようなことが起こり母がいないと何もできない父...

  • 歩けなくなったの義母との介護

    私が、実際に介護に直面したのはもう20年近く前になります。当時、主人の両親とは別居していたのですが、義母が突然「ベッドを買ってほしい」と電話してきて、理由を聞く...

  • 母の結婚と介護 老いた母

    父から話をきいたのですが父が結婚するまえ、おばあさんが寝たきりで大変なのでおばあさんの介護もしてくれないかとのことで母にお嫁にきてくれたのだそうです。母がくるま...

改名で間違いワードが続出

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へと改名され「覚えにくい」「難しい」との声が多くなりました。確かに覚えづらい感は否めませんね。
ここへ訪れる方も未だにホームヘルパー2級で検索されている方やその他、間違ったワードで訪れる方が跡を絶たちません。

よく間違われるワード

介護福祉士初任者研修・介護ヘルパー2級・介護ヘルパー初任者研修・介護初任者研修・介護職初任者研修・初任者研修・・・など


実はホームヘルパー2級の時も正式名称は「訪問介護員2級養成研修課程」という少々覚えにくいものでした。呼び名は「ホームヘルパー2級」でも履歴書へ書くときはこの正式名称を記入していたわけです。


介護職員初任者研修になってからはホームヘルパー2級という呼び名そのものが無くなってしまいました。呼び名は「介護職員初任者研修」、履歴書へ書くときは正式名称の介護職員初任者研修課程(修了)と記載します。


間違いワードは情報収集の妨げになる事もあるので正しい「介護職員初任者研修」という名前を覚えておきましょう。


fix_footbn_pc
smp_fix_footbn