MENU

新たに整備されたキャリアパス制度によって国家資格「介護福祉士」までの道筋が一本化されました。

介護福祉士 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級・介護初任者研修

 

介護職員初任者研修が資格制度として登場したのが、2013年4月からとなります。
それまでは、介護の資格を取得する道筋が数多く見られ、キャリアを積んでいく仕組みが少々複雑となっていました。

 

例えば、キャリアアップを考えた場合「ホームヘルパー2級」「ホームヘルパー1級」「介護職員基礎研修」など、多くの資格がありました。
「どれを取得するのがベストなのだろう?」と感じがちなキャリアパス制度でした。
仕事をしながらも向上心を持つ人達、介護資格に初挑戦する人には、意欲的に取り組みにくい仕組みだったのかもしれません。

現在のキャリアパス制度になった理由

  • 今後は高齢者も今以上に増えることが見込まれるため、介護の仕事につく人達を「支える」仕組みが必要であること。
  • 介護を志す人たちに「わかりやすく親切な資格制度を作ろう」ということ
  • 上手にキャリアアップしていくために、必要な学びを時間を浪費せずに積んでいけるようにするため。

このような理由で2014年4月に、介護職員初任者研修が登場し、どのように資格に挑戦し、実力をつけられるかがわかりやすくなりました。

その後目指していく資格は?

介護職員初任者研修の次に目指していく資格としては、「実務者研修」となります。
この資格は、「ホームヘルパー1級」と「介護基礎研修」が一体化したものとなっています。

 

実務者研修を学ぶことで、介護の基本よりも更に深く学んでいくことになり、介護士としても成長できることになります。
そして、介護職員初任者研修を受けていることで、320時間を受講すれば資格の取得が可能です。

 

2017年度(28回)介護福祉士の試験より、実務者研修は必須となる予定です。
こちらを受講することにより、介護福祉士受験の際の実技試験は免除となるため、筆記試験に力を注げるのも良い点です。

将来的に目指していくものは?

その先としては、まず実務経験を3年積み、実務者研修も受講することで、国家資格である介護福祉士を目指しましょう。
介護福祉士になれば、介護のプロとして認められ、信頼が得られることとなり、就職の際には給与面、待遇面で有利になってきます。

 

介護職員初任者研修を受講した後は、まずは介護福祉士を目標に進むことが良いのではないでしょうか?
現場でも責任のある仕事を任せることができる存在となり、自分でも介護士としての自信がつくのは間違いないと思われます。
そして介護福祉士として5年間の実務経験を積み、試験を受け合格した後は、ケアマネージャーという立場に立つことも可能です。

 

このように、介護職員初任者研修を受けた後も、自分の頑張り次第でどんどんと実力をつけていくことができます。
やりがいの介護分野でのプロを目指して、ぜひがんばってみませんか?

新たに整備されたキャリアパス制度によって国家資格「介護福祉士」までの道筋が一本化されました。

介護職員初任者研修が資格制度として登場したのが、2013年4月からとなります。

それまでは、介護の資格を取得する道筋が数多く見られ、キャリアを積んでいく仕組みが少々複雑となっていました。

例えば、キャリアアップを考えた場合「ホームヘルパー2級」「ホームヘルパー1級」「介護職員基礎研修」など、多くの資格がありました。

「どれを取得するのがベストなのだろう?」と感じがちなキャリアパス制度でした。

仕事をしながらも向上心を持つ人達、介護資格に初挑戦する人には、意欲的に取り組みにくい仕組みだったのかもしれません。

 

◎現在のキャリアパス制度になった理由

①今後は高齢者も今以上に増えることが見込まれるため、介護の仕事につく人達を「支える」仕組みが必要であること。

②介護を志す人たちに「わかりやすく親切な資格制度を作ろう」ということ

③上手にキャリアアップしていくために、必要な学びを時間を浪費せずに積んでいけるようにするため。

そして2014年4月に、介護職員初任者研修が登場し、どのように資格に挑戦し、実力をつけられるかがわかりやすくなりました。

その後目指していく資格としては?

介護職員初任者研修の次に目指していく資格としては、「実務者研修」となります。

この資格は、「ホームヘルパー1級」と「介護基礎研修」が一体化したものとなっています。

 

実務者研修を学ぶことで、介護の基本よりも更に深く学んでいくことになり、介護士としても成長できることになります。

そして、介護職員初任者研修を受けていることで、320時間を受講すれば資格の取得が可能です。

 

2017年度(28回)介護福祉士の試験より、実務者研修は必須となる予定です。

こちらを受講することにより、介護福祉士受験の際の実技試験は免除となるため、筆記試験に力を注げるのも良い点です。

将来的に目指していくものは?

その先としては、まず実務経験を3年積み、実務者研修も受講することで、国家資格である介護福祉士を目指しましょう。

介護福祉士になれば、介護のプロとして認められ、信頼が得られることとなり、就職の際には給与面、待遇面で有利になってきます。

 

介護職員初任者研修を受講した後は、まずは介護福祉士を目標に進むことが良いのではないでしょうか?

現場でも責任のある仕事を任せることができる存在となり、自分でも介護士としての自信がつくのは間違いないと思われます。

そして介護福祉士として5年間の実務経験を積み、試験を受け合格した後は、ケアマネージャーという立場に立つことも可能です。

 

このように、介護職員初任者研修を受けた後も、自分の頑張り次第でどんどんと実力をつけていくことができます。

やりがいの介護分野でのプロを目指して、ぜひがんばってみませんか?

 

介護職員初任者研修の格安講座探しなら

PICUP

先輩介護士のリアル体験談

Q&A

介護に関する街の声

  • 認知症の両親を兄と介護しています

    年齢:50代 HN:黒猫あか さんの在宅介護体験談両親は始め商売屋をしながら兄夫婦と一緒に住んでいましたが、兄夫婦が商売を継ぎ、両親の家から徒歩3分のあたりで店...

  • 父方の祖母が倒れたのがきっかけでヘルパー資格を取りました

    年齢:30代 HN:花粉症もちのヘルパー さんの体験談私は、父方の祖母が倒れたのが、小学生の時でした。習い事のスイミングから帰って来たら、母方の祖父母が来ていて...

  • 父と母の2人同時介護の過酷さは予想を遥かに超えていた

    年齢:40代 HN:ダブルです さんの体験談両親とは別に暮らしていたのですが母親がよく転ぶようになり何度も病院へ行くようなことが起こり母がいないと何もできない父...

  • 歩けなくなったの義母との介護

    私が、実際に介護に直面したのはもう20年近く前になります。当時、主人の両親とは別居していたのですが、義母が突然「ベッドを買ってほしい」と電話してきて、理由を聞く...

  • 母の結婚と介護 老いた母

    父から話をきいたのですが父が結婚するまえ、おばあさんが寝たきりで大変なのでおばあさんの介護もしてくれないかとのことで母にお嫁にきてくれたのだそうです。母がくるま...

改名で間違いワードが続出

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へと改名され「覚えにくい」「難しい」との声が多くなりました。確かに覚えづらい感は否めませんね。
ここへ訪れる方も未だにホームヘルパー2級で検索されている方やその他、間違ったワードで訪れる方が跡を絶たちません。

よく間違われるワード

介護福祉士初任者研修・介護ヘルパー2級・介護ヘルパー初任者研修・介護初任者研修・介護職初任者研修・初任者研修・・・など


実はホームヘルパー2級の時も正式名称は「訪問介護員2級養成研修課程」という少々覚えにくいものでした。呼び名は「ホームヘルパー2級」でも履歴書へ書くときはこの正式名称を記入していたわけです。


介護職員初任者研修になってからはホームヘルパー2級という呼び名そのものが無くなってしまいました。呼び名は「介護職員初任者研修」、履歴書へ書くときは正式名称の介護職員初任者研修課程(修了)と記載します。


間違いワードは情報収集の妨げになる事もあるので正しい「介護職員初任者研修」という名前を覚えておきましょう。


fix_footbn_pc
smp_fix_footbn